面白さを取り戻すための独立

情報技術開発の仕事に初めて携わるときには、エンジニアたちは大きな期待と不安を抱いています。システムエンジニアは、システム開発の仕事の経験を積み重ねていくことで、仕事に対する不安を解消していけます。しかし、開発の仕事に不安がなくなる一方で、新人だった頃に仕事に感じていた面白さもまた、薄れてくる傾向にあります。向上心あるシステムエンジニアは、さらなる刺激を求めています。エンジニアにとって仕事へのマンネリ化は、単に仕事に対して面白さが感じられなくなるというだけでなく、開発能力の停滞にもつながりかねません。システム開発の仕事に新たな刺激と面白さを求めルことを目的として、独立する決断ができます。新しい働き方にチャレンジすることで、また新人としての挑戦の日々が始まります。
これまで会社に所属して頼っていたエンジニアが独立するというのは、大変緊張するものです。仕事がうまくできるかどうか、不安に感じる部分も多くあります。しかしその一方で、これからどのようなことが起こるのかについて大きな期待を抱き、新人だったころの仕事に対する面白さを取り戻せていることにも気づきます。独立することにはリスクが存在していて、確かに成功する保証があるわけではありません。それでも、仕事に刺激を求めて、あえて独り立ちするという決断もできます。仕事に面白さを感じることは、エンジニアの成長を促すことにとって重要な要素の一つです。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です