希望の仕事を選ぶ独立

システムエンジニアは、コンピューターによるシステム開発を行う技術者です。必要とされるコンピューターシステムの開発は、時に大きなビジネスになることもあり、やりがいある仕事です。しかし、会社組織に身を置いていると、会社勤めという職場の状況から、携わりたい仕事がいつも選べるというわけではありません。比較的自由に興味ある仕事の案件を選びたいのであれば、独立してシステム開発の仕事を始める手段があります。
開発会社の職場から離れて独立するということは、開発企業からの後ろ盾を失うことにはなります。しかしながら、仕事を自身の意志で自由に選ぶことができるというメリットは大きいでしょう。開発会社での職場の状況と異なり、自立したシステムエンジニアは開発の仕事以外の雑務についても、自ら手がけていく必要はあります。しかし、これまで他人任せだった仕事もすべて引き受けることで、仕事をやり遂げたときの達成感は大きいです。ただし、自立して仕事をこなして行くためには、エンジニアとしての十分な下地を必要とします。まだエンジニアとして未熟な間に独り立ちするよりは、まずはシステム開発の実務経験を積み重ねることが重要です。技術力に自身を持って独立したものの、実際に仕事に携わってみると手に負えないといった事態も想定されます。そのため、実力には余裕を持って、独り立ちが十分できるほどの実感を持った時にこそ、そのチャンスがあります。

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です