システムエンジニアの独立と人脈

会社員からシステムエンジニアとして独立した場合、しばらくは会社員の時とのギャップに苦しむかもしれません。人によってそのギャップを感じる種類や程度は違いますが、会社を辞めた人が多かれ少なかれ感じるギャップの代表的なものとしては、収入を得る大変さのギャップとともに、会社員の時に役に立つと思っていた人脈が役に立たなくなるという点も挙げられます。会社員の時に懇意にしてくれた人も、多くは会社の看板があったからこそ付き合ってくれていたということを痛感することになったという人が相当数いるようです。もちろん、会社を辞めた後も続く人間関係はあるでしょうが、むしろそれは少数派で、会社員の人脈は、独立した当初はやりとりがあっても、やがて潮が引くように消えていくことが多いようです。
反対に、自分では予想もしてなかったような人脈が出来上がっていくこともあり、これもギャップの一つかもしれません。システムエンジニアという仕事は、一人で籠って仕事をするだけでは済まず、コミュニケーション能力が要求されます。そのため、人脈は新たな仕事や生活にフィットしたもの変化していくのは当然なのです。当初感じたギャップもいつしか慣れるはずです。会社員に戻るわけでなければギャップを感じている生活しかなくなり、ギャップとはいえずそれが普通の生活になっていくのです。そうして名実共に独立して仕事ができる個人事業主に成長していくのではないでしょうか。
とはいえ、まずは独立する前に何ができるか考えてみるのが優先ではないでしょうか。独立するにあたり、知っておくよと良い内容がこちらのサイトに記載されていましたので参考にしてみて下さい。⇒http://independent-se.biz

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です